過去の失恋が成功をさまたげている?!

ビジョン心理学の創始者、チャック博士にくじ引きで当てていただき、

10回セッションを受けられるようになりました。今回はその前編です。

「えー?!成功の扉を閉めた原因はあの失恋愛?!」

チャックさんのロッタリー10回セッションの第1回目

「成功の大きな扉を閉めたのはいつ?」

チャックさんの質問に、出てきた答えは「大学生のころの失恋」。

学生結婚でもいいから結婚しようと、ほぼ毎日会いに来てくれていた彼がいました。

夏休みの帰省から帰って、会うと浮かない顔をしています。

「大成功していた私の父の仕事が気に入らない」

そう言って、彼のお義母さんが結婚に反対しているから、

僕は結婚できないと言い出すではないですか!

自分が原因ならまだしも、父の仕事、しかも大成功しているのにも関わらず、NGって?!

彼とはほどなく別れました。

「傷ついた当時の私が成功について決めたことはなんだった?」

再びチャックさんからシンプルな質問。

頭に浮かんだ答えは「成功は意味がない」。

チャック「その過去の失恋が“失敗者”という自己概念に結びついているよ。

成功すらも失敗だと」

ひーーーーーーー。成功すらも失敗?!やだー!

でも、なんだかとってもお馴染みな感じがする。。。

こうして、私は真実ではない自己概念に自分を閉じ込めてしまってきたとは。

まんまとエゴの罠に引っかかってしまっていました。

成功から自分を止めているのがパターンとなっていたが、

それは自分が傷つかないようにするためのコントロールでした。

ここで解説:

依存の第2段階 「ハートブレーク」で傷つくと、そのできごとを受容しないため、

依存の第3段階 「罪悪感」で自分や相手や状況を許せず、自己価値が低くなります。

自立の第1段階 「期待」でそのハートブレークの対象者や、できごとに執着していると

自立の第2段階 「コントロール」でこれ以上傷つかないようにと、支配者でいることに過去の痛みを使ってしまう。

チャック「古いコントロールの傷を今の関係に使っていないかい?

夫をテレビを見ながらソファで足をのせるOTTOMAN椅子にしてないよね?」

夫。。。MAN? 日英ミックスのダジャレ?チャックさん?

夫婦関係が、夫を小さくしておくためのものになっていたなんて!!!!ごめんよ。ダーリン泣。

より高い成功に行くためには、夫との関係が鍵。

バッチリ、わかりました!チャック先生!!!

真実の愛を夫にあげると、ビジネスは楽になる。

真実の愛を受け入れると、ビジネスも成功するし、

ストレスの対価としてではなく、お金も受け取れて

もっと楽しくなる!

人生がもっと簡単に、自然にもっとたくさん受け取れるよ。と。優しいチャックさん。

「でもね、そのパターンの元を見てみよう!」

と、まだ続きが……。

この続きはまた☆

P.S.

皆さんは、成功してない分野と、過去の失恋が関係している方なんて……。

いませんよネ(笑)

コメントを残す